30代無職が真っ当な生活を手に入れるべく右往左往するブログ
プロフィール

わいおー

Author:わいおー
秋田在住の30代無職。
ただいま絶賛求職中。

・・・そのはずでしたが、現在わけあって交通警備の仕事をしています。
この仕事に慣れてきたら、求職活動を再開する予定。

リンクフリーでやってます。
yoriyori255@gmail.com


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ

リンク


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








応募した。約3ヶ月ぶりに


今週も仕事してました。帰宅してメシ食ったらバッタリ。そんな1週間。

その中で、毎日求人をチェックし、早めに上がれた日はハロワに行き、紹介状を2通ゲット。

ようやく、今日、履歴書を発送できました。

内容は極めてオーソドックス。これといったウリのない履歴書かもしれない。

でも、これは、完全無職の頃よりも、時間的な意味で遥かに苦労して作り上げた履歴書であって、かなりの意欲が詰まってる。

採用担当者には伝わらないだろうけどね。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ


スポンサーサイト



2009⁄06⁄28 18:49 カテゴリー:無職の生活 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








クルマ、買い換えたいと思った


エコカー減税とか補助金とか、あるみたいで。俺の中でむくむくと車買い替えの欲求が膨らんできていた、このごろ。だったのですが・・・

ズームインの取材では
「アンタのカレシ、エコカー?」
「チョー環境にいいじゃん!キャハハ!」
などと扱われており、俺爆死。
あれだけエコ押しな番組にさえ、笑いものにされてしまったのである。

エコカー

うっさい、ハゲども。

実際問題、補助が受けられる範囲で買い換えるとして、どんな車がいいのか考えてみたわけで、仕事中、俺にふさわしい車を探してみたのよ。幸いなことに、車を見るのが俺の仕事だしね。

が、手が出るクラスの車だと、どーもデザイン的に気にいったのが見当たらない。なんかみんな丸いし、正直、どれもこれも魅力を感じないのよね。もっとゴツイ感じのが好みですよ俺は。

そうなると、もともと車には興味ない性質もあいまって、どれを買ったら良いのかわからなくなり、だったら、このまま間に合わせでいいや的な気持ちに。

まったく困ったもんだ。俺の好みに合う車を作らない、自動車会社のセンスを疑う。

これが、モビルスーツだったら、ビシッとバシッと決められるんだが。「さあ、自分の愛機を選びたまえ!」とかいう状況なら、最高の選択をしてみせるね、俺は。

ガンダムタイプなら、Mk-IIかGP01あたりがほしいです。

いくらですか?


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄23 22:34 カテゴリー:無職の生活 comment(8) trackback(0)
▲pagetop








雨は高木ブー


暑いね、むしむしだね。

天気予報だと毎日降水確率が20とか30。毎朝、傘のご用意をとか言ってるのに、さっぱり降らない。

明日やろう明日やろうで、延ばし延ばしにされてる気がするわ。で、やけっぱちなゲリラ豪雨で帳尻あわせですか。

すごくダメ人間っぽいです。

俺は好きだけどね、豪雨。非日常っぽくて。何なら酸の雨でも爆弾雨でも良いぞ。被害が大きければ大きいほど、非日常感あっぷ。

不謹慎?

毎度、その渦中で旗振ってますが何か?


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄21 21:46 カテゴリー:無職が思う comment(5) trackback(0)
▲pagetop








お仕事モード


仕事モードってのがあるじゃないですか。うちの職場だと、普段は朗らかでも、現場に出ると人にキツくあたるようになるタイプが多い。

仕事に関しては遠慮なしで人にあたる、ということで、俺はこのタイプの人を好意的に受け止めている。

今日、ペアを組むことになったNさん。顔を名前は知っているものの、俺はこの人と言葉を交わしたことはない。Nさんはいつも、出発前の待機時間でも自分の車に篭ってムスっとしてるので、そういう機会がなかったのだ。

他の人のように、その辺で立ち話してるのであれば、特に意識しなくても接点が持てたことだと思う。

正直、やりにくいなと。輪に入れないのではなく、好んで壁を作っているようなので、こういう人とは接点を持ちたくない。絶対、めんどくさいから。

作業チームと打ち合わせする気もないようで、出発までずっと車内でムッツリ。声なき声を代弁すると「俺は俺は対応するから、おまえら勝手にやれ」ってところか。

案の定、予告なく1人で現場に出発してしまいましたよ。どんだけ無口な人でも「行く。」くらいの意思表示はあるもんだが・・・。

現場についても、やはり同じ。連携したほうが良いと思われる場面でも、こっちから聞きにいくまで、特に指示もでない。行けばいったで、さも当然のように「おまえ、そこに立て」とか言うし。(1人で仕切るのは厳しいから、そっち側はおまえが仕切れ。の意)

そう感じたなら、手招きでもすればよかろうに。俺のほうから、あんたのほうの全容は把握できないんだからさ。あーもう、めんどくせえ。

ただ一つ、現場に入ってNさんが変わった点がある。それは作業リーダーへの態度。

普段、1人ムッツリしてるNさんが、作業リーダーに対してはヘラヘラナヨナヨしてる。そりゃもう、お代官様に擦り寄る越後屋のごとく。

へー、それがあんたの仕事モードっすか。ひでえな。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄20 21:25 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








交差点を止める男


仕事中、徒歩で信号のない交差点を横断しようと、歩道で車がハケるのを待っていたら、進行中の車が一時停止したきり動かなくなってしまいましたよ。逆に。

早く車にハケてもらいたいのに、なぜに誰も動きませんか?

きょとんとする俺。

ホント、何が起こったのか理解できませんでしたわ。

「アンタ、この交差点を整理しにきたんじゃないの?」

とドライバーに言われるまで。

いやいやいや、俺、一歩行者として車が途切れるのを待ってただけっすからw


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄19 22:28 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








うつ病の条件


ためしてガッテンを見た。テーマはうつ病。

1.ほとんど毎日、抑うつ気分(ゆううつ)が続く
2.何に対しても楽しいと感じることができず、興味がわかない
3.食欲がない。体重が減る
4.よく眠れない
5.イライラする
6.疲れやすく、だるさがとれない
7.自分を責めてばかりいる。自分には価値がないと思う
8.集中力が低下し、考えることができない
9.死んだ方がよいと思う

番組によると、(1)または(2)を含む5項目以上に当てはまり、
2週間以上続いているようなら、苦痛や生活上の支障がある場合にうつ病が強く疑われるらしい。

http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090617

5項目くらいなら誰だって当てはまると思うんだが。なにかい?世間の人はこれら項目に何ら当てはまらず、ハツラツと暮らしているとでも言うのかよ。

ちょっと信じられないぞ。

特に9番。ここは思い悩むべきだろ、人として。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄18 21:45 カテゴリー:無職が思う comment(6) trackback(1)
▲pagetop








見えざる神の手


朝、出勤しようとしたら、車のエンジンがかからなかった。

終了。

どうしようもないね、休むしかないよね。即、上司に電話。ごめんなさい。

そういうわけで、不意に沸いた休日。さっそく馴染みの修理屋に連絡して、あとは何もない休日。

車が使えないので、どこにも行けない。家にいるしかしかない1日。

・ハロワ
・食いたいものを食いにいく
・洗車
・ゲーム

これが俺の「休みになったらやりたいことリスト」だったのだけど、ゲーム以外は車必須。強制的に家に篭ってゲームをすることになりましたよ。

はっきり申し上げて、何かの罰ゲームかと思うくらい退屈な休日になりました。ゲームが面白いのは、せいぜい1日3時間だね。

こうして、俺の休日とお金は減っていくのですね。

明日の出社と、請求書が怖いです。

先月、休日と引き換えに稼いだ給料。今日、無駄に休日を使い、不意の出費を負い、見事にチャラ。

見ろ、これがワープアだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄17 20:56 カテゴリー:無職の生活 comment(3) trackback(0)
▲pagetop








洗脳・搾取・虎の巻


溜まった用事を消化するため、今日は休みをとった。主に歯医者。

おととしだったか、抜けそうな歯があって歯医者にいったところ、俺は生まれつき歯が足りない体質であることが判明した。

奥歯が少ないことは自覚していたが、小さい頃に虫歯でダメにしてしまったもんだと思ってた。本当のところ、虫歯でもなんでもなく、ただ乳歯が抜けても永久歯が生えてこなかっただけ。

その時、抜けそうだった歯も乳歯。もう30歳になろうという頃だぜ?乳歯が30年も現役だったってんだから、スゴイを通り越してバカっぽい。

結局、その歯も含めて俺には永久歯が4本足りない。

生まれつき永久歯が足りない人は、それほど珍しくないそうだけど、4本もとなると100人に1人くらいの割合だとか。

どうせ、100人に1人なら、もっと有益なものに当たりたかったわ。

で、その足りない歯を埋めるため、毎月歯医者に通ってます。自費診療で。

今日は、そろそろ、人工歯を埋める準備に入りたいとのことで、15万とられた。

15万円。

俺が生まれついて潜在的に背負っていた負債といえるもんだが、俺が給料の大部分が吹っ飛ぶ金額だ。

全てが完了するまで50万という約束で、まだ支払いは残ってる。でも、これでも安いほう。インプラントにすると、もっとお金がかかる。

それに加え、今日は、自動車税と自動車保険のお金も支払ってきた。車絡みのお金は、秋田で暮らす上ではどうしようもない出費。

歯医者とあわせて、今日俺が支払った金額は20万を超える。

俺が今月、小遣いとして消費したのは2,290円しかないんだが、こうしてお金は消えていくわけだ。

な?ワープアだろ?


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄16 20:53 カテゴリー:無職の生活 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








過ぎ去った時代の記憶と、今ある風景


スポーツ施設の密集してるエリアが今日の現場でした。

見覚えのある風景。俺も中高生の頃は大会で何度も訪れた場所。

施設が整備されたため、当時とは様変わりしたが、ところどころ記憶に残っている。

十何年前、今とは違う自分が、確かにこの場所に立っていたはずだ。そう思うと、眩しいやら懐かしいやら。過ぎ去った時代の記憶。

今でも、こういった施設は青春のステージなのだろう。中高生の姿が目立つ。その中でも目を引いたのは、野球場脇のベンチに座り、どこぞの社会人チームの試合を見守る2人の男子高校生。

引退した3年生だろうか?彼らには、グラウンド内でプレイする者の姿が眩しく見えるのかもしれない。

凡庸な人間にとって、高校3年での引退は、その競技からの引退に等しい。10代で迎える一つの結末。

現場で旗を振りながら、そんなことを思いました。

そんな30代のおっさんの目の前を、文化系メガネ女子が自転車で通りすぎる。白い夏服と、風に煽られるスカート。その下に履きこんだ黒いスパッツ。

メガネに黒スパッツ。この小娘、地味ながら強力な組み合わせだと思う。

社会人チームの試合は続く。ベンチ脇の男子高校生は、キャッチボールを始める。俺は旗を振っている。

野球の試合もそろそろ終盤という頃、さきほどの黒スパッツ文化系メガネ女子が、また通り過ぎた。何か用事を足して戻ってきたのだろう。

さきほどと同様の装いだが、ヒザに包帯が追加されていたのを俺は見逃さなかった。

メガネに黒スパッツに包帯ときたか。それはさすがに狙いすぎだと思ったね。30代のおっさんとしては。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄15 21:12 カテゴリー:無職が思う comment(2) trackback(0)
▲pagetop








センスの悪い家


住宅街での仕事だった。

現場前、ひときわ目を引く一軒の家。全面べったりとした群青色の外壁に、なぜか軒先はギリシャ神殿風の白い柱。

まだ建てて何年も経っていない新しい家だが、一見してセンスが悪い。

誤解のないように書いておくと、同じく群青色の外壁で、ギリシャ柱を採用しようとも、センスの良い家は作れると思う。この家のセンスの悪さを文章で表現できないのがもどかしい。

俺の主観で一言で現すと、個性を表現しようとして失敗しちゃってる家。隣近所とは一線を画す、存在感はある。悪い意味で。

どんな人が住んでいるんだろう?

作業中、その家から出てきた3人のお子様。上は小学生、下の3歳くらい。おそらく兄弟であろう。3人とも太り気味で、朝潮のような顔。自転車を乗り回し、ギャーギャーと騒いでいる。

ああ、やっぱりな。それが俺の率直な印象。

お子様たちは水道で水遊びを始め、家の中から女性の怒鳴り声が聞こえてくる。

ほどなく、声の主の女性が外に出てきた。林真須美に似ている。おそらく母親。ピチピチのパンツに、キャミソールでまったく似合っていない。

女性は「服を濡らすな」という旨の怒りを、投げやりにお子様たちにぶつけ、「このクソガキ。」という言葉と、小さな蹴りを入れて、家の中に戻っていった。

お子様たちは、意に返す様子もなく、相変わらず水遊びに興じている。

俺の中で、こんなセンスの悪い家が建つのは、もはや疑問ではなくなっていた。

さもありなん。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄13 21:28 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








「わかりません」って言おうよ


聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。とか言いますが、恥を嫌う人には、そんなのどっちでもいいですよね。その場しのぎでも恥を回避するほうが大事らしい。

先日、経験6年の人と組む機会がありました。当然、警備責任者は経験6年の彼で、作業リーダーからの連絡はそちらに伝えられることになります。

ところが、6年目の彼、さっぱり当てにならない。どうやら、わかんないことでも「はい、はい」言って、わかったふりしちゃう人物の模様。

作業リーダーからの注文どころか、今日の作業現場の場所すら、イマイチわかってない様子。最悪だ。

現場の場所がわからないって、どうする気なのか。問い詰めても、オロオロするばかり・・・。

「指定した現場が警備員が来ませんでした」

そんな事態になれば、一時の恥どころか、うちらの首さえ危うい。

結局、俺が作業リーダーの同僚の方を捕まえて教えてもらい、地図を引いて現場にたどり着いたのだけど。

最悪、作業リーダーの携帯に電話して、もう一度場所を教えてもらうという方法もあるにはあるが、6年目の彼が調子の良い返事をしていた手前、彼の立場を案じてその手は使わなかった。今、思えば、そんな気を使う必要すらない場面ではあったが。

わかんないなら、わからないって言おうよ。

見得を張るのは、恥で済む範囲にしといてほしいもんです。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄12 21:08 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(5) trackback(0)
▲pagetop








白昼の惨劇。路上に散乱したのは・・・


本日、住宅街での作業。

作業車を使うので、稼動時にはどうしても大きめのエンジン音が出てしまいますが、今日は最小限の稼動で済み、ご近所へのご迷惑も最小限に抑えた、なかなかの作業っぷり。

こういう作業チームを担当する日は、俺も気がラクです。

さて、作業もそろそろ終了という頃、周囲に響くドガズーン!という重い轟音。遠慮のない無神経な現場でも、聞くことのない非常に危険な性質の音です。

すわ、何事かと。そう思い、現場を見回すも、うちの作業員は全員無事、つか、誰も何が起こったのかわからない様子。

轟音の原因はうちではない模様。

ご近所の方も異様に思ったらしく、うちの現場を伺っています。いえ、うちじゃないっすよ。作業車のエンジンすらかけてませんから。

しかし、ワンブロック隣りの電柱が揺れてるし、ただごとではないことは確か。

直感的に感じたのは、落下物。工具などの金属的な音ではなく、かなり重量のある鈍い音・・・。

もしや、人じゃあるまいな?

まさか、という思いで、件の電柱周辺に行ってみました。

俺、絶句。現実にこんなことが起こりうるとは・・・、言葉もありません。

男性が1人、呆然と立ち尽くしています。おそらく、"落下物"のご主人でしょう。落下物という表現は訂正いたします。

轟音の原因は、壁。

敷地を囲むブロック塀の一辺が、綺麗にバッタリと倒れ、崩壊した瓦礫が路上の1/3を埋めてるありさま。

なんと申しますか、まことにご愁傷さまです。さしあたって、この瓦礫を片付けなければいけませんし、壁の無事だった部分も、このままとはいかないでしょうし・・・。車や歩行者が巻き込まれなかっただけ、幸いでしたね。あまり気を落とさないでください。ご主人。

作業終了後、帰りがけに事件現場の脇を通りました。あいかわらず、瓦礫は散らかってましたが、その傍らに、どこから調達してきたのかカラーコーンがちょこんと。

まず手をつけたのはそれでしたか・・・。非現実的な事態なのに、そういう発想のある人、俺は好きです。

めげんなよ!


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄10 21:02 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(3) trackback(0)
▲pagetop








僕らの事情、周りの心情


新人が入る。どんどん入る。

俺と一緒に入った者、2人。その後に1人。先日、もう1人入り、今まだ募集中である。

そんなに集めてどうするつもりなのか?

「今回入った人達は辞める人がいないね。」

このあいだ作業チームの人達に言われた言葉だ。

やっぱりこの仕事、離職率が高いってことなのだろう。

だから会社は、この機会に人をどんどん採る。

今日、冬用の防寒着を会社に返却した。4月に入った俺には防寒着の出番は少なく、サイズが合わなかったが、社にあった在庫で間に合わせていたためだ。

上司いわく「10月の衣替えには、サイズ通りのを用意しておくから。」

そして、それを聞いていた俺と同時入社の彼がこぼした。

「それまでいるかわかんないよね」と。

年配のベテラン勢は、みな口を揃えて僕らに言う。

「まだ若いんだから、この仕事に定着しなくてもいい」

それぞれの立場により、期待であったり懸念であったりするのだろうけど、みな、僕らの事情を察してくれているのだ。

俺は繋ぎのつもりで働いていることを誰にも話したことはない。同期の彼にも。

それでも、皆が同じく、僕らが遠からず辞める人で、それでも良いと考えているのは、それぞれ紆余曲折あって、今、この場にいるからこそか。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄08 20:50 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(5) trackback(0)
▲pagetop








うちの仕事の楽しみ方


昨日は、仕事の醍醐味うんたらかんたらと書きました。

一応、今のこの交通警備の会社でも、がんばらなきゃいけない現場は来るし、ミスれば現場系らしく容赦ない叱責が飛んできます。事故起こしたら取り返しつかないしね。

のんびり空をながめて、その日の作業終了を待つ呑気な職場ではないのは、ちょっと想像力を働かせてもらえればわかってもらえると思ってます。

で、警備業というより、うちの会社で働く上での仕事の醍醐味。それはそれでちゃんとあります。

真っ当な人なら、自分の指示で車をスムーズに流せれば、かなりの充実感を得られるでしょう。そこに意欲を燃やすのが推奨されます。

逆に、あまり推奨できない醍醐味もあります。

その日担当する作業チームの顔ぶれを見て、「ラクできそうだ」とか「早めに帰れそう」とか期待するのも、醍醐味っちゃ醍醐味ですね。

忙しい日は、前者で。そうでない日は後者に楽しみを見出すのが、よろしいかと思います。

まあ、ここでこんなこと書いても、誰に言ってんだ?って話ですが。

自分の力の及ばない部分は割り切って、与えられた条件の中で楽しんでみようという晴耕雨読なことを言いたかっただけです。

晴れの日は晴れなりに、雨の日は雨なりに、有意義に過ごす方法はあるってことですよ。

俺は毎日ラクしたいです。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄06 20:50 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








仕事がしたい


最近、仕事中にポロっと漏れてしまう、俺の独り言。「仕事がしたい。」

今の交通警備の仕事も間違いなく仕事ではある。決して侮ってるつもりはないのだけど、仕事の醍醐味に欠けるなと。

俺が働いた成果は「安全」事故ゼロならば、それ以上は減らしようがない。毎日できて当然と扱われるもの。

できて当然ならば、次はスピードを求めたいところ。早く終わらせて早く家に帰るもよし、多くの件数をこなすのもよし。そういう成果が現れてきてこそ、働いた実感、充実感が得られると思うのですが、俺の仕事にはスピードを上げる術がない。

スピードは作業チームの技術と意欲にかかっている。俺は見守るのみ。

仕事の早いチームを担当して、1日で多くの件数をこなすこともあるが、件数が増えても俺の手取りは変わらない。

結局、俺は俺で、何事もなく1日の仕事が終わり、なるべく早く役目から開放されることを祈るばかりだ。

仕事に対する姿勢は、事なかれ主義なダメ公務員によく似ていると思いました。

あくまで姿勢の部分の話な。いろんな意味で。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄05 19:17 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








エヴァの日


時に、西暦1997年。

世間からちょっと遅れて俺もエヴァンゲリオンにハマっており、朝起きればエヴァ、通勤中もエヴァ、仕事中もエヴァ、帰宅してもエヴァと、一日中エヴァンゲリオンのことを考えていた時期があった。

社会現象になり一般の雑誌やニュースでも取り上げられていたため、エヴァがテレビ放送されていなかった秋田でも、作品自体の知名度は高かったと思う。

あくまで、オタクのキモいアニメの代名詞として。

エヴァの話題を出せば引かれ、グッズなど持っていようものなら嘲笑される。そんな空気すらあったのです。

「シト新生」の頃も、映画館ガラガラだったしね。

余談だがシト新生上映中の話。初号機初戦闘のシーン、初号機沈黙、後、暴走。咆哮をあげサキエルに飛び掛る初号機。

そして、ブツン!というノイズとともに、スクリーンが真っ黒になりBGM停止。

劇場版はTV本編の再編集版とは聞いてましたが、まさかこう来たか。なるほど、シンジの意識がここで完全に切れたという表現か。すげえ演出だ、と体が震えたものです。その数秒後、館内に係員が飛び込んできて「すいません!フィルムが切れました!」と絶叫したのは良い思い出。

最高の演出だと思ったんだが。

まあ、そんな思い出話はおいといて。

そんなにエヴァ大好きな俺も、エヴァ未開の地であった秋田の空気には逆らえず、当時の社会的な盛り上がりの中、ひっそりとエヴァを楽しんでいたのです。

宮崎アニメはOKでも、エヴァはアウトとかいかに?オタクに市民権を!などど真剣に思っていました。

時に、西暦2009年。

あれだけエヴァに理解のなかった秋田も、気がつけば、街を行けばいたるところにエヴァ(主にパチンコ屋前)コンビニにいけばエヴァ、髪の毛の薄い中高年男性も鼻歌でルフランってな具合。

国道沿いが綾波の旗だらけになったのは、さすがの俺も正気を疑ったわ。

いい時代になったものです。アニメに関しては。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄04 19:24 カテゴリー:無職の生活 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








俺の反省は、斜め上をキリモミ回転しながら飛び去る


こないだ、新しいゲームを買っちゃったので、以前にくらべ睡眠時間が1時間ほど短くなってる。

本当は睡眠時間を削らなくても1~2時間くらいならゲームをする時間を作れるのだけど、プレイしてるうちに、ついつい就寝時間を過ぎてしまい・・・というパターンだ。

おかげで、今入ってる現場が開発中の住宅地で、公道に出る必要がないという条件も重なり、必殺スキル「立ち寝」が発動(パッシブ)する機会が増えてしまった。

いくら突っ立ってるのが仕事とはいえ、作業チームが働いてる中、睡眠不足で立ち寝しちゃってる警備員なんて、さすがにどうかと思うし、申し訳ない気持ちもある。

ゲームは1日1時間、睡眠時間は厳守しなきゃイカン!

と、今日の朝、現場で作業チームの到着を待ちながら反省した次第です。

作業チームが2日酔いで登場したので考えを改めましたが。

俺の悩みなんて、ちっちゃかったです。

一応、彼らの名誉のために書いておきますと、運転手さんは無事だったし、作業も昨日までであらかた終了してて、残りは手続き的な危険性のないものだけだったよ。

午前中一杯で、この現場の仕事は全て終了。

俺もお役御免で本日の勤務終了、さぁ昼間からゲームしちゃうぜ。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄03 13:45 カテゴリー:無職の生活 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








遠回りする男


先日、銀行に行ったときの話。

駐車場に車を停めたところ、左隣の乗用車に車椅子マークがついているのに気づきました。

ドライバーさん、車椅子なんだろうか?右側にスペースが空いてないと、乗るときに苦労するに違いない。

そう思い、他の駐車スペースに車を停めなおした。

というか、停めなおしている最中に、ドライバーさんが戻ってきまして。車椅子じゃなかったよ。普通に歩いて、普通に乗り込んで去っていきました。

まあ、今日はたまたま車椅子の方が同行してなかっただけの話なんでしょう。きっと。

俺って、こういう、そこまで考えなくてよくね?という遠回りが多いような気がします。

気が利くのではなく、天邪鬼的な意味で。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄02 19:23 カテゴリー:無職の生活 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








逃げ道


今日は遅めの出勤だったので、行きがけにハロワに寄るつもりでいたが、朝、ネットで検索したところ、求人票を見たいと感じる求人をひとつも見つけることができなかった。

俺が応募できる範囲で、生活していける待遇の仕事ってあるんだろうか?上と下ばかりで真ん中がぜんぜん無い。

俺、いつまでこの生活をしてるんだろう。このまま半年経って1年経って、ずっとこのままなんじゃないのか。唐突に不安に襲われました。

結局ハロワ行きはやめて、出勤まで雑務を消化して過ごすことに。これから仕事だと思うと、なかなか効率も上がらないもんです。

指定された時間に指定された場所で待ってたのに、誰も来ない。いっそこのまま誰も来なきゃいいのに。そんなことも思う。

大型車が通るたびに、作業チームが来たんじゃないかとビクビクし、待つこと1時間。生きた心地がしなかった。現場や作業チームは違えど、俺の仕事はいつもと一緒、特に心配することもないのだけど、今日はなぜか不安と緊張でいっぱい。

看守の足音に脅える死刑囚って、こんな気持ちなんだろうか。

朝のハロワ検索に端を発した不安は、たぶん、少し遠ざかっていた自分の現実を直視してしまったためだと思われる。

だけど、現場に入り、路上に立った瞬間、それら不安は一瞬で吹き飛んだ。

俺は気づいてしまったよ。契約社員だろうが旗振りだろうが、「働いてる」という事実が、俺の唯一の逃げ道になってしまってることに。

その証拠に、ぜんぜん落ち着けなかった昨日の休日に比べ、今日の仕事を終えた今のほうが、よっぽど気持ちが安定している。

・・・とりあえず、ゲームにでも没頭します。それでいいとは思わないけど、今日はそれでいいと思ってる。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄01 19:09 カテゴリー:無職の生活 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |


Copyright © 2009 あした考えます(仮). All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。