30代無職が真っ当な生活を手に入れるべく右往左往するブログ
プロフィール

わいおー

Author:わいおー
秋田在住の30代無職。
ただいま絶賛求職中。

・・・そのはずでしたが、現在わけあって交通警備の仕事をしています。
この仕事に慣れてきたら、求職活動を再開する予定。

リンクフリーでやってます。
yoriyori255@gmail.com


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ

リンク


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ワープア、クルマを買う。


新車の契約を済ませてきました。こういう時、多くの人は新しいクルマに心躍らせワクテカするのでしょうね。

僕は憂鬱な気持ちになってます。

ひとつは、ワープアなのにローンを背負ってしまった不安から。
もうひとつは、長年乗ってきた愛車がもうすぐ廃車になってしまう名残惜しさから。

思えば、今のクルマには世話になった。

社会人になりたての頃、公私ともに悩み多き頃。僕はヘコむ出来事があるたび、意味もなくクルマで出かけ、サンルーフから星を眺めて過ごした。

クルマの中は、絶対に誰にも邪魔されない唯一の自分だけの空間であり、この中で悩み、思い、世界を知った気になり、寝袋に包まり、日の出を迎えたのは一度や二度ではない。

時にサクラ舞い散り、時に花火舞い上がり、時に満月が照らし、時に雪降り積もった。

その時々、自分が何に思い悩み、何を見て、どんな音楽を聴き、そして、何に涙したのか今となっては思い出せないが、自分の中で何かを得て、再びキーを回す気になるまで何時間でもクルマの中にいたのは、よく覚えている。

キーを回せば、エンジンがかかる。当たり前のこと。

でもそれは、自分だけの閉じこもった世界から、もう一度現実に戻る象徴だった。

僕は今日、何年かぶりにクルマに篭って夜空を見上げた。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ


スポンサーサイト



2009⁄09⁄02 21:41 カテゴリー:無職の生活 comment(4) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |


Copyright © 2009 あした考えます(仮). All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。