FC2ブログ

 30代無職が真っ当な生活を手に入れるべく右往左往するブログ
プロフィール

わいおー

Author:わいおー
秋田在住の30代無職。
ただいま絶賛求職中。

・・・そのはずでしたが、現在わけあって交通警備の仕事をしています。
この仕事に慣れてきたら、求職活動を再開する予定。

リンクフリーでやってます。
yoriyori255@gmail.com


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ

リンク


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








オドオドさん


昨晩は意図せずに爆睡してしまいました。まだ火曜日だったのにね。いろいろ溜まってたんでしょうな。

さて、今日出社したところ、他社が事故にあったそうで、気をつけるように言われました。警備員が交通整理をほったらかしにして、現場作業を手伝っていたのが原因です。

うちでは、警備員が現場作業を手伝うことは禁止されています。いくら交通量の少ない現場でも、不測の事態に備えて、警備に専念する契約になってます。

ですが、きっとこういう事故は、我が社でも起こりえるでしょう。

前置きが長くなりました。ここから、今日の本題です。

先日からオドオドさん(仮名)という方とペアを組んでまして。名の通り、落ち着きがなく、些細なことでテンパり、独断専行の多い人です。このオドオドさんの一番の問題は、積極的に作業の手伝いにいってしまうこと。

車1台分の道幅しかない小道で、本来ならば、両端に1人づつ警備員がついて、通り抜け不可になってることを一般車に伝えなければいけない状況でも、平気で作業車について手伝いしてしまいます。オドオドさんが持ち場を離れたため、俺のほうを塞いでも、反対側がザルです。迂回してきた車に「なぜ、向こうは止めないのか」と苦言を頂くのは俺です。

片側交互通行で両端に警備員が必要な場合も、オドオドさんは隙を見て手伝いに行くため、対向車線の安全が確認できず、俺のほうで車を止めまくる羽目になってます。

こんな人とペアを組んで、もう3日です。しんどいです。

「俺は全体を把握してる。俺が「止めろ」の支持を出してない時は、通していいんだよ」

とオドオドさんは言いますが、信用できません。車両を見逃してるのを、俺、何度も見てますから。警備員が作業に夢中で、車両に気づかないなんて、なんのために、俺らがいるのかと。

今日の事故事例は、まさに、こういうケースを指していると思うのですが、オドオドさんは気づいてない様子。事故事例の感想が「俺だったら、異変に気づいたら、全車線に停止をかけるよ」でしたから。自分の持ち場を離れてる人に、それができるとは思えませんが、なにか?

オドオドさんが、俺の昨晩の爆睡の一因であることは、間違いないと思います。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄04⁄22 21:40 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント



第3者を装って上にクレームを上げるとかして今の内になんとかしておかないと、自分まで被害者になりますよ
と言うか最早適性さえ無い気がします
(2009/04/23 03:58) URL | (元)真木由利[ 編集]


第三者なんか装わず、そこは堂々と上司に報告すべし。事故るぞ…
(2009/04/23 07:06) URL | しんたま[ 編集]


看板ないのかな?工事中につき通行禁止て書いてるでかいやつ。



どちらにしろ、上司に早く報告した方がいいよ(^^;)
その人、いつか悲惨な事故おこすよ
(2009/04/23 08:55) URL | むしょくん[ 編集]


10年やってるベテランでもアホが
多い警備業界。50過ぎ
のおっさんは、言うことを理解しない
奴が多い。正直、質が低いが多い。

注意して、聞かない場合は、かんせい
(仕事の段取りをする人)に言いなさい。
そしたら、巡回で見にきて、注意するよ。
(2009/04/23 18:08) URL | ある警備員[ 編集]


>>(元)真木由利さん
適性はないと思います。
というか、落ち着きの無さが致命的な気がします。
それゆえ、一般ドライバーから見ても頼りなく、ドライバーの自己判断に助けられている場面は多いと思います。

上司に相談も考えなきゃいけないですね。

>>しんたま
今日はオドオドさんから解放されまして、俺と一緒に入社の新人くんがオドオドさんとペアで動いたはずです。
オドオドさんと組むに当たって注意事項を彼には伝えておきましたが、どうなったでしょうか。

彼も私と同じように感じたのなら、上司への報告を躊躇する気はありません。

>>むしょくん
その看板はなかったです。それがあれば、だいぶ楽なんですが。

オドオドさんが、いつ事故を起こしてもおかしくないと俺も思います。
やっぱり報告するべきですよね・・・
自分はまだ、ペアを組んだことある人が少ないので、オドオドさんが、どの程度のレベルなのか測りかねている部分もあるんですよ。
私の指導係と比べると、格段に危うい人なのは間違いないのですが。

>>ある警備員さん
確かに、オドオドさんとは、連携の打ち合わせでも苦労しました。
俺なりに思うところは、オドオドさんに話してお伺いを立てたいのですが、なかなか応じてもらえない、応じてもらってもこちらの意図が通じない・・・。

相手がどうしたいのか、確信が持てないまま、現場に立たなくてはいけないのは怖いです。

仮にオドオドさんがアバウトながら事故を起こさない程度に仕切れる人だとしても、連携のミスから事故が起きそうな気も。

巡回の人に見てもらうのも、良い手ですね。できれば俺でも仕切れる1人現場ではなく、連携が必要な現場でのオドオドさんを見てもらいたいです。

最悪、新人とペアなシフトに入れないようにしてもらいたく。警備責任者がオドオドさんでなければ、やりようはあると思います。
(2009/04/23 21:14) URL | わいおー[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |


Copyright © 2018 あした考えます(仮). All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。