FC2ブログ

 30代無職が真っ当な生活を手に入れるべく右往左往するブログ
プロフィール

わいおー

Author:わいおー
秋田在住の30代無職。
ただいま絶賛求職中。

・・・そのはずでしたが、現在わけあって交通警備の仕事をしています。
この仕事に慣れてきたら、求職活動を再開する予定。

リンクフリーでやってます。
yoriyori255@gmail.com


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ

リンク


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








大人の仕組み


集合時間の30分前に現場に到着。以前は作業チームが来るまで「今日のリーダーさんはどんな人かな?」とか「現場の足を引っ張らないように、ちゃんとせねば!」とか考えていたものですが、最近はそうでもないんです。

今日は作業チームの到着が遅かったこともあり、「ひょっとして作業中止?」とか、良くない期待を持ってしまいました。

交通警備の仕事がキツくて嫌になったわけじゃありません。ラクではありませんが、耐えられないことはないです。作業チームが、うちら警備の人間を必ずしも必要としていない事実に気づいてしまったためです。

作業チームは、うちの警備会社の親会社である建設会社から仕事を請けている下請けです。うちの親会社は作業チームに仕事を回す際、警備員を常駐させるよう強く指導しています。

いわば、抱き合わせなんですよ。「仕事回すから、警備員はわが社のを使えよ」って事です。本当に安全上必要で警備を依頼してきているわけじゃないんです。

そういうのが、現場でヒシヒシと伝わってきましてね…。

作業チームは、名目上、警備の依頼主に当たるわけですが、その費用はそもそもの工事の発注主である大企業に、経費として丸々請求できるわけで、作業チーム自体の懐が痛まないのもポイントです。本来、一般の警備会社が受け取るべき警備費用を、グループ内で回収しているわけですな。

すべての現場が、警備員なしでも安全とは言いませんが、車が1時間に1台しか通らないような現場に立ってると、「自分は親会社が大企業から落ちてくるお金を効率よく回収するための小道具なんだな」と強く思いますよ。

…これが五月病ですか?


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄05⁄11 22:11 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント



ま、ただの財テクですから
割り切って頑張りましょう
あまり思い悩むと僕の様に・・・・・・・・・・・・・・ あ、何でも無いです (* ̄з ̄*) ~♪
(2009/05/12 01:54) URL | 緋葉忍[ 編集]


はじめまして。
どんな仕事であれ、やはり「やりがい」とか
必要性みたいなのをを探したいですね。



(2009/05/12 07:27) URL | ひろやん[ 編集]


車が一台ってのは、楽そうだね。

俺は警備をしていたことがあるので
わかるけど、もし警備がいなくて、作業
していたら、かならず事故はおきると思うし
作業員がひかれる事だってあるし、交通が
麻痺したりすると思う。(特に片側交通とか)
あと細いところでの車両誘導とか、警備員が
いないと、バックの時、人と接触したり、
トラックが電柱をこすって、指示器のランプが割れたり
する。特に警備員の車両誘導のうまいヘタは、
作業員にとって重要何んだよ。だから、あの
警備員きてくれとか、あいつは出入り禁止とか
よくあることなんだ。どんなに、車がこなくて
も、その一台で、事故をおこしたら、信用を
なくす。信用をなくすと、仕事が減ったり、
得意先をなくしたりする。それに警備員は
近隣住民と現場の緩衝材のような役割もあるし
ね。近隣住民のクレームで仕事が飛んだりする
するし、現場は経験が重要やと思う。でも、ちゃんと作業員に安心感を与えられる警備員は
少ない。何年やっても駄目な警備員は逆に
たくさんいる。これは、60ちかいから
なおらない。現場作業は時間が決まっていて、
安全に、すばやく誘導できないと、作業が
遅れてします。段取りの悪い警備員は次は
こんでもいいと言うことになるシビアな世界
なんですよ。まあ田舎はちょっとわからない
けど、街中ではそう。
(2009/05/12 08:11) URL | もうちゃん。[ 編集]


>>緋葉忍さん
そうっすね。仕組みはどうあれ、ちゃんと俺にも給料が支払われるわけですから割り切りたいところです。
今日、ハロワに行って、収入を確保できる大事さが実感できましたわ。

>>ひろやんさん
こんばんわ。はじめまして。書き込みありがとうございます。

「やりがい」大事ですよね。あるとないとでは、意欲がぜんぜん違います。

飾りだろうが付き合いだろうが、無事故で作業を終わらせることは意味のあることですから、めげずにいきたいと思います。

>>もうちゃん。さん
ども、はじめまして。詳しい話をありがとうございます。

もうちゃん。さんは、ちゃんとした警備会社で仕事をされていたんですね。うちは警備会社として、ちゃんとしてないとは言いませんが、他社での経験のあるベテランさんの話を聞く限り、かなり甘やかされている会社であることは間違いなさそうです。

現場作業員も、もうちゃん。さんが言われるようなレベルまでは求めていないようですし。

お互い、なあなあになってる部分があるというか。

かといって、これが当たり前と思っていたら、俺自身が危ない気がしてます。物理的にも精神的にも。

気持ちを改めなきゃイカンと思いました。
(2009/05/12 23:20) URL | わいおー[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
(2009/05/13 11:47) | [ 編集]


>>非公開さん
かなりハードな現場を経験されてますな。
俺なら精神的に耐えられそうにありません。地域住民とのトラブルが一番キツイし。

それにしても飾りでいいって酷いですね。うちも、飾りでしかない現場が多数ありますが、立ってる以上は、飾り以上の仕事をしたいと思っています。

モチベーション的な理由もありますが、体感時間も違うし、本気でやらないとつまらないですから。

無農薬で有機栽培なパセリを目指したいと思います。
(2009/05/13 21:16) URL | わいおー[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |


Copyright © 2018 あした考えます(仮). All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。