30代無職が真っ当な生活を手に入れるべく右往左往するブログ
プロフィール

わいおー

Author:わいおー
秋田在住の30代無職。
ただいま絶賛求職中。

・・・そのはずでしたが、現在わけあって交通警備の仕事をしています。
この仕事に慣れてきたら、求職活動を再開する予定。

リンクフリーでやってます。
yoriyori255@gmail.com


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ

リンク


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








センスの悪い家


住宅街での仕事だった。

現場前、ひときわ目を引く一軒の家。全面べったりとした群青色の外壁に、なぜか軒先はギリシャ神殿風の白い柱。

まだ建てて何年も経っていない新しい家だが、一見してセンスが悪い。

誤解のないように書いておくと、同じく群青色の外壁で、ギリシャ柱を採用しようとも、センスの良い家は作れると思う。この家のセンスの悪さを文章で表現できないのがもどかしい。

俺の主観で一言で現すと、個性を表現しようとして失敗しちゃってる家。隣近所とは一線を画す、存在感はある。悪い意味で。

どんな人が住んでいるんだろう?

作業中、その家から出てきた3人のお子様。上は小学生、下の3歳くらい。おそらく兄弟であろう。3人とも太り気味で、朝潮のような顔。自転車を乗り回し、ギャーギャーと騒いでいる。

ああ、やっぱりな。それが俺の率直な印象。

お子様たちは水道で水遊びを始め、家の中から女性の怒鳴り声が聞こえてくる。

ほどなく、声の主の女性が外に出てきた。林真須美に似ている。おそらく母親。ピチピチのパンツに、キャミソールでまったく似合っていない。

女性は「服を濡らすな」という旨の怒りを、投げやりにお子様たちにぶつけ、「このクソガキ。」という言葉と、小さな蹴りを入れて、家の中に戻っていった。

お子様たちは、意に返す様子もなく、相変わらず水遊びに興じている。

俺の中で、こんなセンスの悪い家が建つのは、もはや疑問ではなくなっていた。

さもありなん。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ





2009⁄06⁄13 21:28 カテゴリー:旗を振る仕事のこと comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



個性というには難しい存在ですね
でも一戸建ては羨ましい・・・
(2009/06/14 00:44) URL | 緋葉忍[ 編集]


ええ、家を建てれるくらいですから、社会的にはキチンとした人なのだと思います。旦那さんは。

人間的には、悪い意味でクセの強い人でしょうが。
(2009/06/14 14:50) URL | わいおー[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |


Copyright © 2018 あした考えます(仮). All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。